スポンサーリンク

ファン交換その3。

ゲーム

その1、その2と無事ケースファン3つのRGB化も完了。
AURASYNCでのコントロール、PWM制御も出来つつ元のファンより明らかに排熱が上手く出来ている感じで良いです。
残るはCorsairの簡易水冷に付いているファンのRGB化。

120mmのファンが2つ付いているタイプの簡易水冷を使用していますが、120mmタイプのRGBファンではPWM制御に対応している物が少ないようなので変換ケーブルを使用して試してみることにしました。

今回購入したのはこちら。

SHARK Blades RGB Fan

アイネックス 3ピン-PWM4ピン変換制御ケーブル 2個

早速簡易水冷のファンを一つずつ外し、交換。

元のファン(コルセア)

簡易水冷の2つのファン接続は分岐ケーブル

これから交換するSharkoon社製 RGBファン

ファンを外した状態

取り付けるファンのケーブルを裏側へ先に通し

2つとも固定

変換ケーブルとファンの3ピン端子を接続し、元のCorsairファンが付いていた4ピン端子に接続
※CPUクーラーの温度管理とファンを連動させるためファンコンには接続しない

RGB(AURASYNC)管理用のケーブルのみAntecのファンコンに接続
(画像では下側の4番5番)

簡単に結束バンドでまとめて裏配線側に収めて完了。

無事に5つのファンのAURASYNCでの同期、各ファンの回転数管理も出来るようになりました。

基本的に自作関係は最低限の知識しか持ち合わせていないため参考になるかは微妙です。
各自自己責任で作業くださいますようお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました